気になるカラー複合機の料金相場

保守料金のサービス内容と特徴まとめ

気になるカラー複合機の料金相場

カラー複合機(コピー機)を導入するとき、ぜひ加入を検討したいのは”保守料金(保守契約)”です。保守料金とは”施設や設備の保守を業者に委託する”というもので、トナー(インク)の交換や点検、整備などが含まれます。

しかし、保守料金と一括りにしていますが、一般的に”カウンター保守・キット保守・スポット保守”の3つのサービス内容が。保守料金の種類によってサービス内容、その特徴に違いがあります。知らずに契約すると思っていたのと違う内容かも。

そこで、今回はカラー複合機(コピー機)の保守料金の内容と特徴、注意点についてご紹介しましょう。

▶︎目次

1.カラー複合機(コピー機)の保守料金の内容と特徴

冒頭で紹介した通り、カラー複合機(コピー機)の保守料金には大きく分けて”カウンター保守・キット保守・スポット保守”の3つが。「どんな違いがあるの?」という方のために、まず各保守料金の内容と特徴からご説明しましょう。

カウンター保守

カウンター保守とは”印刷枚数に応じて保守料金が加算される”というもの。例えば、カラー20円/枚だったとしましょう。1カ月で100枚なら2,000円、1,000枚なら20,000円のように。そんなカウンター保守の特徴は以下の3つ。

カウンター保守では月々の保守料金に、トナー代から修理代までが含まれています。基本的にはただ利用するだけ、後の保守は業者に丸投げできることに。ただし、印刷枚数が多くなるとそれだけ料金も高くなるので要注意です。

キット保守

キット保守とは”トナー代や修理代を保守料金にまとめて契約する”というものです。カウンター保守が使った分だけだったのに対して、キット保守は”セット料金”としての支払いに。そんなキット保守の特徴としては以下の3つが。

キット保守はトナーが切れるまでの期間(または一定期間)の保守なので、毎月の支払いを気にする必要がありません。しかし、修理代や部品代などもすでに含まれた料金設定と、割高になりやすいのが気になるところです。

スポット保守

スポット保守とは”トラブルが起こったときにだけ業者に対応を依頼する”というもの。トナーや点検、整備というのは保守料金に含まれていません。あくまでトラブル(故障)に対してのみです。そんなスポット保守の特徴は以下の3つ。

新品の複合機というのは耐久性が高く、特に日本製ともなるとあまりトラブルも起こりません。であれば、スポット保守のようにトラブルが起こったときだけというのも1つの選択肢。ただ、トラブルが頻発すると割高になりやすいです。

2.カラー複合機(コピー機)の保守料金の注意点

カウンター保守にキット保守、スポット保守と保守料金によって特徴のあるのがご理解いただけたはず。ちなみに、どの保守料金にも”料金”に関する注意点が。では、カラー複合機(コピー機)の保守料金の注意点をご紹介しましょう。

保守料金は業者によって差がある

保守料金と一括りにしていますが、実は”業者によって差”があります。例えば、カウンター料金であればカラー20円/枚のところ、カラー15円/枚のところなど。業者によってはカラー10円/枚と”格安”とも取れる設定のところもあるのです。

どの業者にも言えることですが、”取れるところから少しでも多く”というものです。同じ業者であっても契約者Aはカラー20円/枚、契約者Bはカラー10円/枚なことも。まずは各保守料金の、地域の相場を知ることが重要と言えます。

”安い=良い”とは言えないかも

業者を、保守料金を選ぶ基準としてまず挙がるのが”安さ”。確かに、予算には限りがあるので、少しでも料金を抑えたい気持ちはわかります。しかし、カラー複合機(コピー機)の保守料金を、安さだけで選ぶのはちょっと危険です。

というのも、安いということは、他の部分で費用を削られているということ。人件費が削られれば訪問回数が減り、対応する速度も遅くなります。また、トラブル対応の範囲を狭めているところも。”安い=良い”とは一概に言えない訳です。

信頼できる業者選びのポイント

”安さ”以外で検討するとして、業者選びのポイントとしては”信頼できるか”ということ。カラー複合機(コピー機)は導入して終わりではなく、年単位で運用していくもの。新品機種にもなると5年から8年は導入し続けるのが一般的です。

だからこそ、ちょっと割高でもサービスの充実した、”信頼できる業者”と契約したいもの。少なくとも2社から、できれば3社以上から条件を揃えて見積もりを取りましょう。条件を揃えることで料金、サービスを比較しやすくておすすめです。

3.まとめ

今回は、カラー複合機(コピー機)の保守料金のサービス内容と特徴、注意点についてまとめてみました。保守料金はカラー複合機(コピー機)に欠かせないものです。以下に、各保守料金の内容と特徴についてまとめています。

カラー複合機(コピー機)の保守料金で注意したいのは、”業者によって料金が異なる”ことと”安い=良いとは限らない”ということ。少なくとも2社以上から見積もりを取って、”信頼できる業者”と見つけるところから始めてみましょう。